アレルギー症状(発疹)の緩和方法

特定の成分に対して反応を示して発疹や不快感などの症状を起こすのがアレルギーですが、それぞれに反応する成分が違っても免疫力が弱いという事には変わりありません。
その為発疹などの症状が強く表れるようになったら体内の健康状態から変えていく必要があります。
自分の努力で体質を変えるには食生活を見直す事が最も早い方法と言えます。
栄養バランスを考えて全ての栄養素を上手く取り入れる事はもちろんですが、中でも乳酸菌の多い食べ物や飲み物はアレルギー症状に高い効果を示します。
代表的なものがヨーグルトで、なるべく糖分を含まない状態で温めずに食べるのがポイントです。
症状が出た時に薬のように飲むのではなく、朝起きて空腹の状態で食べたり、日頃の食事の前に食べるなどして、胃腸が吸収しやすいように工夫するのも良いでしょう。

さらにアレルギー緩和にはお茶も効果を示します。
お茶の葉にはカテキンとビタミンが豊富に含まれており、カテキンは抗菌作用を持ってアレルギーの元になる細菌と戦ってくれますし、ビタミンは肌を保護する力を持っているので発疹など肌に出てくる痒みや痛みを伴う症状に対して効果があります。
お茶はたくさん飲んでも問題にはなりませんから、出来る限り自分で作って添加物のない天然のお茶を携帯しておくのが良いでしょう。

これはコーヒーにも同様の効果が見られます。
コーヒーにはカフェインが含まれており、そのカフェインが殺菌作用や抗菌作用を持っています。
飲み過ぎると眠れなくなったり、その他のトラブルを引き起こす可能性もありますから、1日1杯から2杯程度と決めて飲むのも良いのではないでしょうか。
これらの飲食物であれば日常生活に取り入れやすいというメリットもあります。